CB1000Rブログ

ホンダCB1000R(SC80)のカスタムブログです。NeoSportCafeバンザイ。

CB1000R(SC80)2018年〜のEXACTフル鍛造アルミホイール

先日下記の記事で少し触れましたが、CB1000R(SC80)のリプレイスホイールは存在しないに等しい。。

www.cb1000r.info

と、思っていましたが、ホンダドリーム東大阪さんのTwitterで衝撃の投稿が・・・!!

 ぬぉぉぉーーーっ、
Advantageさんホイール出してたんですか!!!!

いてもたってもいられず、ネットで情報を探すが全く見つからない。
出てくるのは2017年までのCB1000R用ホイールのみ。。

もうこうなったらってことで、Advantageさん本社へ問い合わせをしました。
そして下記の情報を教えていただきました!

品番 5410R-H040-2SB
タイプ アルミ鍛造 半ツヤの黒
価格 ¥280,000(税別)
純正以外のカラー 追加¥40,000(税別)
納期 6ヶ月目安 ※2021年7月時点

21年モデルは取付未確認だそうです。
これはめちゃんこ欲しいですね。。

 

 

 

 

CB1000R(SC80)の純正オプションパーツのコピー品に注意!!

日本ではそこまで見ないCB1000R(SC80)ですが、海外ではそこそこ売れているのでしょうか。

純正オプションパーツのコピー品をヤフオク!やAmazonなどで目にするようになってきました。

明らかにコピー品とわかるような記載、価格なら別に良いと思うのですが(良くもないか)、純正品番など記載して本物のように見せて、純正と変わらないような価格で販売しているちょっと悪質な業者や個人も見受けられます。

今回はコピー品パーツの見分け方を紹介します。

1)シングルシートカウル(写真は本物です)

f:id:cb1000r:20210624122256j:plain

コピー品の多くはキーシリンダー上の部分にあるゴムパーツに「CB」のロゴがないことを確認しています。その他分かりやすい特徴として、アルミパネル部分に黒などのカラーバリエーションが存在したり(純正はシルバーのみ)アルミパネルをカウルと止めているネジ2本にネジ穴カバーが装着されています。

参考

auctions.yahoo.co.jp

2)フロントフェンダーパネル(写真は本物です)

f:id:cb1000r:20210624122333j:plain

これは結構見分けが難しいのですが、本物はフェンダーとパネルを止めるネジの間にスペーサーが付属しています。コピー品は付属していないケースがあるようですので、ここが見分けるポイントになりそうです。ちなみにスペーサーがないとネジの周りにフェンダーの黒がすけて見えてしまいます。

参考:

minkara.carview.co.jp

3)リアフェンダーアルミハガーパネル(写真は本物です)

f:id:cb1000r:20210624122353j:plain

これも見分けが難しいです。本物はリアフェンダーに穴あけをしてパネルとネジで共締します。コピー品はこの共締用のネジが付属していないケースがあるようですので、ここが見分けるポイントになりそうです。ちなみにコピー品もパネルに穴だけは開いてるので、ネジがないと少し不自然になります。

参考:

minkara.carview.co.jp

4)メーターバイザー(写真は本物です)

f:id:cb1000r:20210624122418j:plain

コピー品はアルミパネル部分に黒などのカラーバリエーションが存在することが多いようです。

参考

auctions.yahoo.co.jp

 

黒をつけたい!なんて人には良い商品なのかもしれませんが、さも純正と記載して販売されていることもありますし、部品の質や耐久性も分かりません。

買うなら自己責任&本物と騙されないように気をつけましょう〜

CB1000R(SC80)のホイール・カスタムペイント!!

CB1000R(SC80)は不人気車ゆえに?リプレイスホイールがほぼ存在しない。。

数少ないCB1000R用リプレイスホイールのひとつは、ホンダのスイス法人が限定15台で発売したCB1000R STARDUSTにも装着されているKineoのスポークホイール。

f:id:cb1000r:20210617002341j:plain

https://www.de.honda.ch/motorcycles/more-from-honda/CB1000R-STARDUST-LE.html

でもこれってかっこいいんだけど日本の車検制度に適用してないんですよね。。MV Agustaの一部車種には純正でついてた気がするけど、アフター品もOKになればいいのに。

もう一つは、ROTOBOXのカーボンホイール。


 

うん、フルカーボンで見た目もお値段もかっこいい。。

個人的にはADVANTAGEのEXACTホイールがリリースされないかなぁと思うのですが、そんな気配もない。

ってことで選択肢の一つとして、ホイールのカスタムペイントを検討されている方もいらっしゃるのではないかと思います。かくいう自分も少し計画を企てていたり。。

できれば、先人の方々のカスタム例があると参考になるのですが、ただでさえオーナーの少ないCB1000R。日本ではなかなかホイールのカスタムペイントを施した車両を目にすることはありません。

でも意外と海外ではペイントをしている人がちらほらいるので今回はinstagramからCB1000Rのホイール・カスタムペイントの写真を集めてみました!!

メタリックレッド!!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Danielle Shiokawa(@danielleshiokawa)がシェアした投稿

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Kartik Sadekar(@kartik_sadekar)がシェアした投稿

メタリックブルー!!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Boo Nguyễn(@boonguyen80)がシェアした投稿

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Boo Nguyễn(@boonguyen80)がシェアした投稿

ゴールド!! 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Sancho Panza(@sanchoandfriends)がシェアした投稿

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@cb1000r.hrcがシェアした投稿

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Boo Nguyễn(@boonguyen80)がシェアした投稿

その他色々!!(横にスライドしてみてね)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

AskAbtAuto(@askabtauto)がシェアした投稿

CBは純正ホイールのデザインがかっこいいからカスタムペイントも全然ありですね!!

海外勢のCB1000Rカスタムはかっこいいなぁ〜。みなさんはどんな色に塗りたいですか?でもやっぱり鍛造のカスタムホイール、どこかからでないかな(笑

CB1000R(SC80)にフロントフォークストーロークセンサーを装着!!

自分のCB1000Rのフロントフォークは、現在下記のセッティングです。

  • プリロード半分抜き
  • 伸び(TEN)全締め、圧(COM)全締めから2回転戻し

純正納車状態よりはかなり改善しましたが、まだ固い気がする。
フォークちゃんと動いてるのかな?

なら確かめてみよう!ってことでフロントフォークストーロークセンサーを導入しました。

f:id:cb1000r:20210615122630j:plain

色々チェックして一番良さそうだったINTEGRALのストロークセンサーをチョイス。商品は1パッケージ1個です。2個にこだわる方もいるようですが、左右でストロークの違いはほぼないと思いますので、1個でいいんじゃないかなと思います。

注意:CB1000Rのインナーフォーク径は43パイです。

ここの記事が41mmとか書いてるから最初間違えて41パイを買っちゃいましたよ。トホホ。さらに、ネット通販の画像は何パイでも41パイの写真が使われてたりするので要注意です。

f:id:cb1000r:20210615123227j:plain

商品はこんな感じ。割の入ったプラスチックのパーツと、両先端がネジになっているバネの2つで構成されています。このバネ考えた人すごい!

f:id:cb1000r:20210615123342j:plain

取り付け方法はパッケージに詳しく書いてあるので今回は写真のみで。ただバネを両端のネジで接続するのに苦労しました。少しねじってつけると良いようですが、自分が不器用なのかなかなかうまく繋ぐことができず。バネを引っ張りすぎてバカにしないよう注意です。

取り付けるとこんな感じ!

f:id:cb1000r:20210615123521j:plain

乗車1Gでこれくらい沈んでました。わかりやすい!よーし、梅雨が開けたらプリロードや減衰弄って遊んでみよう!INTEGRALのストロークセンサーおすすめです!

 


 

CB1000R(SC80)にK&Nエアフィルターを装着!(その3:走行インプレッション編)

ついにCB1000R(SC80)にK&Nのパワーフィルターを装着しました!

f:id:cb1000r:20210530201928j:plain

装着後のインプレッションについて、私のCB1000Rは排気系をワイバンのフルエキに交換していますので、純正マフラー、社外スリップオンサイレンサー、ワイバン以外のフルエキ装着車両に関しては、全く同じ結果にはならない可能性がありますのでご注意ください。

また、この記事で紹介する内容は、単純に16,000km走行のエアーフィルターが綺麗になったことによる変化の可能性もあります。

それでは、エアフィルター交換によりCBはどう変わったのか。

f:id:cb1000r:20210530194806j:plain

  1. アイドリングからのクラッチミートでCB1000Rはオートで回転を少し高めにするセッティングになっているかと思いますが、クラッチミートからの発進が明らかに力強くなりました。(いいのか悪いのかおいといて)アクセル全閉でもアクセル開けてんのかって感じで発進します。
  2. アクセルのレスポンスがよくなりました。また、CB1000Rのエンジンは高回転に持っていく際に、どことなくゴリゴリ回るというかレプリカほど一気に上まで吹け上がらない印象なのですが(個人的見解)、それが少し改善されて、エンジンが軽く周るようになった感じがします。純正マフラーからワイバンのフルエキに交換した時に近い変化を感じました。
  3. シフトチェンジのショックが明らかに小さくなりました。エンジンの振動も少なくなったように感じます。

2)に関してはシャーシダイナモで計測した訳ではないので、実際のところ、パワーやトルクが数値的に向上したのかは分かりません。実は低速トルクがダウンしていたり、出力特性の変化により、私が以前よりもエンジンを回すようになって、結果、レスポンスがよくなった!吹けが良くなった!と感じている可能性もゼロではないと思います。

それでも今回のカスタムによりCBが遅くなったとは感じませんし、むしろ以前よりも速く・乗りやすくなったように感じます。

個人的には大満足な結果です。ちなみにミニバイクにパワーフィルターをつけると、マフラー音よりも下手すると吸気音がうるさくなりますが、今回はエアクリーナーボックスを撤去した訳ではないので、音量に関しては特に変化は感じませんでした。

今回のカスタムでさらに理想のバイクに近づいた気がします。

f:id:cb1000r:20210531205949j:plain

どうなることかと少し心配でしたが、排気系を弄っている方にはおすすめできるカスタムだと個人的には思います!他社製マフラーや純正マフラーでK&Nに交換された方は、どんな感じだったか、コメントやtwitterでぜひ教えてくださいね。


 

CB1000R(SC80)にK&Nエアフィルターを装着!(その2:取付編)

いよいよCB1000R(SC80)にK&Nエアフィルターを装着します!

装着にあたり海外の方で詳しくYoutubeで解説されている方がいたので参考にさせてもらいました。ありがとう、Eduardo Masaさん。この方のおかげで自身での交換に踏み切れました。

 まずは使用した工具から

f:id:cb1000r:20210530193202j:plain

  • +ドライバー
  • 5mm六角レンチ(写真では2個写っていますが短いものがあれば1個でOK)
  • 3mm六角レンチ
  • 先の細いマイナスドライバー
  • 8mmメガネレンチ(今回使ったけどいらないかも)

それではエアクリーナーまでの部品を取り外していきます(作業は左右で必要です)

この部分を5mmの六角レンチで

f:id:cb1000r:20210530194118j:plain

この部分は+ドライバーで

f:id:cb1000r:20210530194141j:plain

2本ボルトをはずすと、まずエアクリの先っちょのカバーが外れます。
追加でアルミカバー3本のボルトを3mmの六角レンチで外して、、

f:id:cb1000r:20210530194221j:plain

こんな感じ。

外したカバーの下に吸気口みたいなパーツがあるので、上下のフックを手でずらしてグリグリしながら外します。

f:id:cb1000r:20210530194856j:plain

f:id:cb1000r:20210530195407j:plain

おおっ!純正エアクリが見えたぞ!
ここまでくればもう少し。赤丸2箇所のボルトを5mmの六角レンチで外します。奥のボルトは工具が入りにくいので自分はクネクネまがる謎のアダプター(名称不明)を利用しました。緩められれば何でもいいと思います。

f:id:cb1000r:20210530195849j:plain

これでエアクリーナーボックスの下半分がフリーになります。

ここまで来ればもう少し!後は車体左側からボックス下半分を抜き取ります!右側からは多分無理です。

なんですが、初めて作業する方は配線がボックスにひっかかって苦戦するかもしれません。気をつける点は2つ。

  1. ボックス下部の出っ張りに太い配線がひっかかるので、長いマイナスドライバーなどで配線を押し下げると良いです。
  2. ボックス後方の出っ張りに車体真ん中あたりの細い配線がひっかかりますので、これも長いマイナスドライバーなどで配線を避けると良いのですが、断線に気をつけることと、ここは車体の横や斜め上からうまいこと配線を動かす必要があります。

正直ここでめげそうになりました。。使用した工具の8mmメガネレンチはボックスを自由に動かすためにクラッチワイヤーのガイドを外す目的で使用しましたが、なれればここは外さなくても大丈夫だと思います。配線を避けながらボックスをグリグリ引き抜くと、、

f:id:cb1000r:20210530200647j:plain

こんな感じで外れます。
純正フィルターは外した側のボックスに十字のビスで固定されているのでプラスドライバーで外します。

16,000km走行の純正エアフィルター

f:id:cb1000r:20210530200911j:plain

f:id:cb1000r:20210530200940j:plain

f:id:cb1000r:20210530201006j:plain

マニュアルによると交換は40,000kmごとですが結構汚れてますね。試しに純正フィルターとK&Nのフィルターに口をつけてフーっと息を吹いてみましたが(汚い)断然、K&Nのフィルターが抵抗が少ないです。これは走行が楽しみだ!

いよいよ取り付け!

f:id:cb1000r:20210530201509j:plain

純正フィルターについているゴムパッキンを先の細いドライバーなどで外して、K&Nのフィルターに移設します。

f:id:cb1000r:20210530201424j:plain

外したプラスネジで固定。う〜ん、赤い色がいいね!

f:id:cb1000r:20210530201650j:plain

今回のカスタムはこれみよがしにブランドのステッカーなど貼らない主義だけど、エアクリボックスの下部にさりげなく。。

後は外したときと逆の手順で組み付けるだけ!

取り外しの時は苦労したエアクリボックス下半分も戻す際は一度配線をよけているせいか特に苦労せず戻すことができました。

f:id:cb1000r:20210530201928j:plain

できたっ!!!!

やはりプロの整備士さんはすごいですね。車検の際にエアクリ交換の見積ももらっていたのですが、記載してあった工賃では絶対にやりたくないです(笑
さーて!各部のネジの緩みも確認して、いよいよテスト走行です。

改悪にならないかドキドキですが、次回、CB1000R(SC80)にK&Nエアフィルターを装着!(その3:走行インプレッション編)の記事に続きます!

www.cb1000r.info


 

CB1000R(SC80)にK&Nエアフィルターを装着!(その1:前置き編)

昭和平成のバイクを通ってきたライダーならK&Nのパワーフィルターは気になる存在ではないでしょうか。

FCRやTMRなどのカスタムキャブを装着した4気筒マシンや、当時流行ったSRやTW、FTRなどのカスタムマシン、空冷ドカティなど色々なバイクに装着されていました。

ただ、キャブ車にパワーフィルターを装着する場合、必ずキャブセッティングが必要でした。

キャブセッティングをせずにパワーフィルターをつけて、吸気音だけ大きくなって、むしろ性能悪化しているマシンもたくさん街中に走っていましたね。

かく言う私も、忘れもしない学生時代。。

f:id:cb1000r:20210529190338j:plain

4連のパワーフィルターに憧れて、愛車のCB750Fにバイト代をつぎ込んでK&Nのパワーフィルターを購入。お金がなかったからホームセンターのやっすい工具で丸1日かけてエアクリーナーボックスを撤去してパワーフィルターを装着。

ドキドキしながらエンジンをかけてアクセルをひねると「ヴォーン!!(エンジン音)バヒューン!!!!(吸気音)」うぉぉーーーっ!!!!と興奮して、通ってたバイク屋さんに見せびらかそうと国道に出てアクセルを開けると、、

あれれっ、高回転が全然周らない!40km以上出ない!(笑)

軽自動車にもバンバン抜かれます。そりゃそうです。キャブレター車はキャブレターの口径や各種ジェットなどで機械的に空気や燃料の量を制御しています。パワーフィルターはノーマルフィルターよりも吸気抵抗が少ないため、空燃比のバランスが大きく崩れ、まともに走らない状態になってしまいました。

結果、当時お世話になっていたレッドバロンでキャブセッティングを出来るショップさんを紹介してもらって、勉強代に2万円くらい払って、やっとまともに走るようにしてもらった苦い(楽しかった)思い出があります。

この経験のおかげでキャブの仕組みを多少理解できて、その後は、50cc〜125ccのバイクでキャブセッティングの楽しさに目覚めました。

さて、CB1000R(SC80)はインジェクション車です。

f:id:cb1000r:20210529190512j:plain

インジェクション車は各種センサーで走行状況により最適な量の燃料をインジェクターから供給します。パワーフィルターで吸気抵抗が減って空燃比のバランスが崩れても多少はインジェクションが補正してくれるはずです。

以前に所有していたドカティの998もインジェクション車でEVRのパワーフィルターを取り付けていましたが、特に問題はありませんでした。

ということで現愛車のCB1000Rにもパワーフィルターを装着してみたい。最悪性能悪化となってしまってもECU書き換えなどで対応できるのではないかと思い、今回トライすることにしました。

CB1000R(SC80)用のK&Nエアフィルターは純正互換タイプ!

f:id:cb1000r:20210529185830j:plain

ヤフオクでお得に出品されていた商品をゲット!
K&NのCB1000R(SC80)用エアフィルターは純正エアフィルターと同一形状ですのでボルトオンで装着することができます。赤いオイルが染み込んだヴィジュアルが堪りませんね。

一体どうなってしまうのか!CB1000R(SC80)にK&Nエアフィルターを装着!(その2:取付編)の記事に続きます。

www.cb1000r.info